www.anestezjologia.org

最近、家にいるときは、もっぱらレギンスパンツをはいています。 いわゆるレギパン。 レギパンとは、レギンスのストレッチ感があるので、はいていてラクチンであるのに、見た目にはまるでスキニーパンツのような細身のパンツにみえるというシロモノです。 試しに、ジーンズに見えるレギパンを買ってみたのですが、これが便利で便利で。 ほんとにラクチン。 なぜいままで、レギパンがなかったのかと思うことしきりです。 ラクチンを追及するなら、家のなかで、ジャージやパジャマを着ていたら済む話かもしれません。 でも、それで済むわけはありませんよね。 来客があっても、徹底無視する心意気ならそれでも通用するかもしれません。 でも、家にいたって、他人から見てある程度は、きちんとしているという格好をすることも大人なら必要ですよね。 いくら予定のない休日に家にいるとしても、来客があったときにさっと対応したり、なにかあったときにささっと出かけるに値するファッションでいないと、いちいち着替えてもいられませんしね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.