www.anestezjologia.org

私は、娘が通う小学校で、読み聞かせボランティアをしています。最近では、日本全国の小学校で実施されているようですね。 毎月1回、朝の授業開始前の時間に、ボランティアが絵本の読み聞かせをするのです。時間は、10分程度。 ボランティアのメンバーは、在校生のお母さん、卒業生のお母さん、退職した校長先生などです。 私は、知り合いに誘われて、なんとなく始めました。 これが、思っていたよりもなかなか大変です。何が大変かって、本を選ぶのが大変なのです。 私の場合、読み聞かせの日の10日前頃に、図書館へ行き絵本を10冊ぐらい借りてきます。 なるべく、その季節にちなんだ本を借りてきます。 そして、それを1冊1冊ぜんぶ音読します。しかも、所要時間をはかりながら読みます。 読んでみると、本の内容がイマイチのもの、長すぎるもの、すごくいい本なんだけど自分にとっては音読がしずらいものなど、どれでもいいという訳にはいきません。 結構、面倒だし大変なのですが、子供達が喜んでくれるので、それを励みに頑張りたいと思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.