別の方法としては

ありふれた初心者用の外為の情報では、「損失を被った場面ではナンピンをして、ポジションの価格を低くする事が出来る」等と説明されている事もありますが、実際にはそこには目に見えない隠れたリスクが潜んでいます。リンクス 脱毛 痛み

まず、ナンピン買いの理屈について述べておきます。ベビー乳酸菌 口コミ

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。アトピー体質と戦う

$買いということで、ドル高になるほど利益が大きくなるわけですが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。AGA治療薬の副作用

その場合保持し続けたとしたら損失が戻るためにはマイナス分円安に向わなければなりません。リンクス 脱毛 胸毛

投資家であれば、赤字は早く無くしたいと思うでしょう。家庭用ウォーターサーバー人気ランキング

この状況を変えるためはじめに売買したのと同額分のドルを、1ドルを95円でエントリーします。格安 デスク

そうしたら、全体のコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。債務整理弁護士

要するに、半分の幅で円安ドル高が進行すれば損失を失くせます。

これが、ナンピン買いのやり方です。

このように、ナンピンの原理を目にすると、「もっともだ」と考えたりするが為替相場は簡単には思った通りにはなりません。

そもそも、1ドル95円が底値だということなど、誰にもわからないのである。

たとえば、為替相場が相当に強い円高ドル安トレンドだとすれば1ドル95円では下げ止まらずに、さらにドル安になる可能性はあります。

ひとつの例として、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず、95円まで円高が速んだらナンピンをしたポジションも、マイナスが生じます。

そういう状況では一番初めにエントリーしたドルと同時により大きな為替差損が生じます。

このように、ナンピンは難解です。

それでは、為替相場が自分自身のストーリー展開とは逆向きにみるみる向う場合、いかなる対応で危機を軽減すればいいのでしょうか。

この場合取るべき術は2つだけあります。

最初のひとつは潔くあきらめて、ポジションを諦める事です。

別の方法としては、今現在、自分か所持しているポジションを減らす事で再度相場がリカバリするのをひたすら待ち望む事だけです。

かなり弱腰のやり方だと思う投資家もいると思います。

だけど、所有しているポジションに差損が生じた場合、正しい方法はそれ以外にはないです。

確かに、机上ではナンピン買いをする対策もあるように思えます。

だがナンピン買いはマイナスになっている場面で、ポジションを小さくするどころかそれとは反対に買いポジションを重ねていく考え方です。

この考え方では、危険を制御することなど、どう頑張っても不可能だと考えるべきです。

ナンピン買いを続ければ最終的には損失が回復するかもしれません。

だが、その前に資金はショートしてしまうだろう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.