隠蔽して自己破産申立の準備

個人の破産の手順にしたがうと、申立人はまず申請書を住む場所を担当する地方裁判所に提出することがスタートです。76-7-86

申し立て者が出した申し立てが来ると裁判所は自己破産の認定をするのがよい事項が存在するか否かなどということを調査する流れとなり議論の完了したとき支払不能な状態などといった破産の要因が揃っている場合破産の決定がくだるということになります。76-11-86

けれども、許諾がなされても、それだけですと返済責任が免除になったことにはならないのです。76-10-86

今度は免責の認定を与えてもらうことが必要なのです。76-18-86

免責というのは破産申立の手続き上返済することが不可能である返済責任に対しては司法にもとづきその返済を帳消しにするというものなのです。76-4-86

※端的に言えば借金を帳消しにすることです。76-13-86

免責についても自己破産の許可の審理と同様に裁判所内で分析がおこなわれて分析の末、免責の判定がなされたとしたら、破産者は義務から抜け出ることになって返済額はゼロとなるわけです、その結果カードが使用不可になることを除けば自己破産判定者にもたらされるデメリットからも免れるのです。76-2-86

なお、免責不許可(借金を0にはさせない)の判断がされた場合負債さらに自己破産認定者の受ける不利益は解消されないままになってしまうのです。76-6-86

破産法の免責の制度は無理もない事由で負債を負って、苦しみもがく債務者を救うために作られた体制です。76-12-86

というわけで、貯金を隠蔽して自己破産申立の準備をしたりといった、司法に向かって偽物の証拠を届け出るなどの体制を不正利用しようとする人やギャンブルや旅行などの散財で借入を作ってしまった方の場合、その破産の許可プログラムを取り消したり免責承認が不許可となります。76-8-86

破産法では免責適用をとる資格が認められない理由をさっき出した状況の他数例用意しており、そのことを免責不許可の事由と呼んでいます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.