同じ外貨でもそのタイミングの相場のボラティリティ

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして収益を上げる投資です。ラジオで英語を楽しもう

トレードの価格は四六時中上がったり下がったりします。夫の浮気相手と慰謝料

これがレートです。すっきりフルーツ青汁クレーム多発?680円・便秘解消は嘘?いつ届くの?カロリーは?おならが臭くなるって本当?Q&Aまとめ

テレビのニュースをみていると、外貨の為替レートの情報が流れることがあります。在籍確認なし カードローン

よくあるのが「今のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。ボニック

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

別の表現をすると買値と売値の2つの値段が存在するのです。

売値、買値ではなくビット、アスクと表現している業者もあったりします。

通常は売値の方が買値よりも小さく設定されるものです。

実際に買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

この差額をスプレッドといいFX取引会社の利益のひとつといわれています。

スプレッドの幅は業者によって違います。

スプレッド幅は自分自身にとって負担になるので狭い業者をセレクトしたほうが得します。

ただし、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。

仮に普段はドル円のペアでたった1銭のスプレッドの広さとは言っても、相場の上下動が激しい場合には1銭よりも広くなったりする場面があります。

という事で、スプレッドが低いのと同時に固定している事が重要です。

この頃では固定でスプレッドの広さを提示する取引会社も多く存在しています。

リアルにFX業者の注文画面の上でリアルな為替相場を確認しなければ判別できないのでわずらわしいですが、大切な事です。

大事な資金を投資して取引をするのだから本当の売買の前に、興味を持ったFX会社の口座開設を全部して、提示されているスプレッドを確かめましょう。

同じ外貨でもそのタイミングの相場のボラティリティによって通貨のスプレッドの幅は異なります。

普通は、インターバンクマーケットで取引高が多い通貨の組合せではスプレッドが小さくこの他の通貨ではスプレッド幅が拡大するのが普通です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.