予想外の出来事にパニックになってしまうと大事な工程

思いつきもせずいきなり起こってしまうのが自動車事故です。78-16-86

この場面で何をどうやって処理したことがポイントとなり、自動車保険金の支払金もかなり変化する時も予想できますので決断力と対応力が求められます。78-13-86

予想外の出来事にパニックになってしまうと大事な工程を見落してしまい、それからかなり大きな損をする場合も考えられるので乗用車の事故をしてしまった場合は次の対応するようにするとよいでしょう。78-6-86

事故を起こしてしまったケースで第一にする事は負傷した方がいるかどうかの確認です。78-15-86

自動車事故後すぐはパニックになって呆然としてしまう時がありすぐには対応できないのが普通です。78-10-86

その場面では、怪我をした方がいたとしたら安全な地点に運んでから手当てをして、周りに助けを呼ぶなどして怪我人の優先に努める必要があります。78-19-86

119番通報する状況では適切な事故の場所を知らせ不明な場合には付近のよく知られているお店や地点を知らせ事故の地点が判断できるようにします。78-20-86

その次に警察へ知らせて車の事故が起こった事、現在の様子を伝えます。78-3-86

救急車と警察の到着を待っている間に相手側の情報を聞きます。78-4-86

氏名、事故の相手の方の自動車保険会社というお互いの内容を伝えます。78-8-86

相手方に不手際があるような場合すぐに処理することがありますが即刻結論を出すのではなくどういった場面でも警察や保険の会社に連絡して調査してもらうようにしましょう。

各々の連絡先を言ったら交通の妨害になることをやめるために妨げになる物道の上から排除します。

仮に障害になる物が他者の自動車の障害になっている時には自分と相手の情報交換をするよりもその対応を行うことは問題はないです。

この後に自分が掛金を支払っている保険会社に連絡を入れて、自動車での事故があった事を報告します。

事故から特定期間の時に自動車の保険会社に知らせておかないと自動車の保険の適用外となる事態もあるので極力時をおかずに電話を入れることが必要不可欠です。

可能ならば事故の現場の証拠としてコンパクトカメラや携帯電話のカメラなどで現場や愛車の破損状態が分かる写真をを写します。

それは責任の割合決める際にかなり重要な役割とできますので、自分の車や先方の愛車の壊れた箇所を的確に写真に残しておくことが重要です。

目撃した人がいたならばおまわりさんや保険屋さんの人が駆けつけるまで一緒に待機して頂けるように呼びかけることも重要です。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.anestezjologia.org All Rights Reserved.